遺産分割・遺留分・相続問題は京都楓法律事務所、中村洸士弁護士 解決事例
遺産分割・遺産相続・相続問題は京都楓法律事務所、中村洸士弁護士。これまで相続問題を年間30件以上扱っており、相談を元にできる限り依頼者様のご要望にお応えしつつ事案に応じた戦略をアドバイスいたします。

京都・滋賀・大阪・兵庫・奈良・和歌山で遺留分・遺産分割のことなら
京都市の京都楓法律事務所の弁護士中村洸士までご相談ください。

京都・滋賀・大阪・兵庫・奈良・和歌山で遺産分割・遺留分のことなら京都楓法律事務所の弁護士中村洸士までご相談ください。|トップページへリンク京都・滋賀・大阪・兵庫・奈良・和歌山で遺産分割・遺留分のことなら京都楓法律事務所の弁護士中村洸士までご相談ください。|遺産分割についてへリンク京都・滋賀・大阪・兵庫・奈良・和歌山で遺産分割・遺留分のことなら京都楓法律事務所の弁護士中村洸士までご相談ください。|遺留分についてへリンク京都・滋賀・大阪・兵庫・奈良・和歌山で遺産分割・遺留分のことなら京都楓法律事務所の弁護士中村洸士までご相談ください。|料金案内へリンク京都・滋賀・大阪・兵庫・奈良・和歌山で遺産分割・遺留分のことなら京都楓法律事務所の弁護士中村洸士までご相談ください。|問題解決のプロセスへリンク京都・滋賀・大阪・兵庫・奈良・和歌山で遺産分割・遺留分のことなら京都楓法律事務所の弁護士中村洸士までご相談ください。|解決事例へリンク京都・滋賀・大阪・兵庫・奈良・和歌山で遺産分割・遺留分のことなら京都楓法律事務所の弁護士中村洸士までご相談ください。|事務所概要へリンク京都・滋賀・大阪・兵庫・奈良・和歌山で遺産分割・遺留分のことなら京都楓法律事務所の弁護士中村洸士までご相談ください。|お問い合わせへリンク
遺産分割・遺産相続・相続問題は京都楓法律事務所、中村洸士弁護士。これまで相続問題を年間30件以上扱っており、相談を元にできる限り依頼者様のご要望にお応えしつつ事案に応じた戦略をアドバイスいたします。
実際にあった解決事例
遺留分減殺請求事件
依頼主 50代 女性
納得がいくまで話を聴いてくれて、分かりやすく報告してくれたため、遠方での事件でも、事件解決までの一つ一つの段階を理解して進めることができました。 京都・滋賀・大阪・兵庫・奈良・和歌山で遺産分割・遺留分のことなら京都楓法律事務所の弁護士中村洸士までご相談ください。 京都・滋賀・大阪・兵庫・奈良・和歌山で遺産分割・遺留分のことなら京都楓法律事務所の弁護士中村洸士までご相談ください。
私は、中村弁護士に依頼したのは、母の相続が起こった際です。母が亡くなり、母が作ったとする遺言書が見つかりましたが、母の財産のほとんどを妹が相続するという内容でした。
母がそのような遺言書を遺していたことを突然知り、「何故そんなものを作ったんだろう」とか「本当にこれだけしか私は相続できないんだろうか」と混乱しました。
何人か弁護士に相談しましたが、その際にお会いしたのが中村弁護士です。
「何とかならないのか」と焦っていた私は、他の弁護士が早口で行う「遺留分減殺請求」の説明が複雑で中々理解できませんでした。しかし、中村弁護士は、まず私の話をよく聴いて、「例え話」を使って、分かりやすく、ゆっくりと説明してくださいました。
穏やかな口調でしたので、質問もしやすく、依頼する前に、遺留分減殺請求というものが、どのようなものなのか、どうやって請求していけばいいのか、どのように進めていくべきなのか、が良く理解できました。
私は、依頼した当時、沖縄に住んでいたのですが、母はずっと東京で暮らしていたため、妹との協議や財産の調査は東京で行う必要がありました。
そのため、当時は東京で活動していた中村弁護士に解決をお願いすることになったのですが、中村弁護士は、何か進展があった際、電話や手紙で報告してくださいました。
また、「こういった主張をするとこうなる、このような主張をするとこうなる」等、時には表を使いながら、分かりやすく説明していただき、遠方に居ながら、「現在どこまで進んでいて、次にどう進めるべきなのか」を理解して進めることができました。次にどう進めるべきかについて、メリット・デメリットを示してくださり、私自身で判断して進めることができたため、納得のいく結果となりました。
中村弁護士に依頼して本当に良かったと思っています。
遺産分割調停事件
依頼主 50代 女性
ベテランに匹敵する知識と、若手としての行動力を兼ね備えていると感じました。 京都・滋賀・大阪・兵庫・奈良・和歌山で遺産分割・遺留分のことなら京都楓法律事務所の弁護士中村洸士までご相談ください。 京都・滋賀・大阪・兵庫・奈良・和歌山で遺産分割・遺留分のことなら京都楓法律事務所の弁護士中村洸士までご相談ください。
母親が亡くなった後、相続人一同が会した席で、突然税理士が現れ、「遺言書」を見せられました。
遺言書は、ある相続人が遺産の大半を取得する内容で、到底受け入れがたいものでしたが、税理士は「遺言書があるから変更はできない」と私を拒絶し、遺産分割協議書にサインするよう、求めてきました。
どうにかならないのかと思って、専門家に相談に行くことにしました。
そこで出会ったのが中村弁護士です。
初めて中村弁護士とお会いした際には、正直なところ、「こんな若い人で大丈夫かな」と思いました。
ですが、中村弁護士は私の質問にはズバッと答えてくれましたし、年配の弁護士でも、あいまいな返答しかなかったことも経験していましたので、「若いがかなり経験は積んでいる」、と感じました。
その際、遺言書の体裁を話すと、「法律上の要件を充たしていない、無効なものである」とアドバイスを受けました。そこで、中村弁護士に依頼することとし、税理士に対して、「無効な遺言書である。法律上の相続分に応じて分けないといけない。」と通知を送ったところ、その税理士は退散していきました。

結局、遺言書の効力がないことで全相続人が納得し、遺産分割調停となりましたが、遺産の大半が不動産で、私以外の相続人が住んでいるという状況です。
しかも、その相続人がお金を持っていないにもかかわらず、「不動産を売りたくない。自分が相続して住み続けたい。」、とだだをこねていました。
そのため中村弁護士は、遺産分割調停でその相続人を説得し、最終的には相続人全員で不動産を売却して売却代金を分けることで決着しました。
不動産を売却する際、家具や遺品の整理・撤去をしなければならなかったのですが、中村弁護士は、軍手をはめて汗だくになりながら、私を手伝ってくれてました。
依頼するまで「椅子にふんぞり返って偉そうにしている」という弁護士像を抱いていたのですが、その弁護士像は中村弁護士には当てはまりません。
依頼していなければ、泣き寝入りするところだったかもしれない、と思うと、中村弁護士に依頼して本当によかったと思っています。
依頼者の声 京都市のお客様
京都・滋賀・大阪・兵庫・奈良・和歌山で遺産分割・遺留分のことなら京都楓法律事務所の弁護士中村洸士までご相談ください。
この度、中村先生には、本当に色々と大変お世話になり、ありがとうございました。
今、思えば、あんなに悩んでいた時が信じられないし、まるでウソのようです。こんなにも早く解決して頂き 本当に感謝しています。本当に中村先生にお願いして良かったです。
私が中村先生にお願いしたいと思った理由は、昨年の法律相談センターで先生は親身になって話を聞いて下さり、とても丁寧に説明して下さり 本当に解りやすいお話をして頂き とても親切な方だなと思いました。この先生に頼みたいと思っていたら、先生が私のこの問題をやって見たいと言って下さって その時は、本当に嬉しかったのを覚えています。
依頼をお願いしてからも、この問題に真剣に向き合って本当に私を助ける為に色々と知恵を出して頂いて全力で守って下さり本当にありがとうございました。
本当に中村先生今迄ありがとうございました。
本当にお疲れ様でした。ご苦労様でした。
中村先生もこれからお仕事がお忙しいとは、思いますが、お体には、気を付けてお仕事頑張って下さい。
この度は本当にお世話になり、力を尽くして頂き、ありがとうございました。
こんなことでお困りではありませんか?
被相続人の預金を相続人の一人が勝手に使い込んでいた 遺言書の内容がわからない・見せてくれない 遺産の内容や、在りかがわからない どこに住んでるかわからない相続人がいる 遺産分割協議書にサインしない相続人がいる 京都・滋賀・大阪・兵庫・奈良・和歌山で遺産分割・遺留分のことなら京都楓法律事務所の弁護士中村洸士までご相談ください。
スムーズな遺産相続のために、弁護士の知識をご利用ください tel:075-778-5463 【電話受付時間】9:30~18:00 ※ 電話受付時間外も、対応可能な場合がございますので一度ご連絡ください 初回30分相談料無料・電話相談でのご相談も可能 メールでの相談受付 お問い合わせページにリンクします